障害者雇用促進法の障害者の定義が変わる

障害者雇用促進法の障害者の定義が2013年に変わるようだ。身体障害者、知的障害者を障害者と定義していたが、精神障害者、うつ、統合失調症なども加えるようだ。

このなどってなんなんだ?って思う。

そもそも、うつっていっても、鬱(うつ)状態なら、人に危害は加えない。けど、躁(そう)状態だと、人に危害を加えてしまう場合もある。

強迫性障害もそうだ。なんつっても、僕自身、その強迫性障害だし、障害者手帳の障害等級は1級だったから、どんなに凶暴になるか、一番良く知っている。

警察官、6人がかりでも止めることができない。そんな状態だ。警察署で障害者手帳みせたら、主治医に確認とって、主っきり警官ぶん殴ったり、蹴ったりしたが、それでも業務執行妨害にならずに、不起訴だった。

障害者手帳の特に最高等級の1級の威力はそんなところで発揮される!なんてくだらないこといってないで、実際にそんな状態の人間が障害者手帳持っているわけだから、野に放つ危険性って、わかってんだろうか?

もちろん、危険じゃない精神障害者も沢山いるし、おそらく、危険じゃない人の方が多いのだろう。だ〜け〜ど〜、障害等級1級ともなると、危険な人は少なくとも10%くらいいるように思う。

もちろん普段から危険なわけじゃない。何か、その、精神疾患で、ポイントとなる状況ができあがると、危険スイッチが入ってしまう。危険スイッチが入ったときの僕は、書いたとおりで、屈強の警察官6人がかりで、やっととめることが出来るレベル。警察官3人じゃ、確実に警察官の方が危険にさらされてると思う。

なにせ、危険スイッチが入ったときの、強迫性障害は、手加減というものが効かない。人間は、殴ったり、蹴ったりするときに無意識に手加減している。あぁ、それ、僕が格闘技やってた経験からなんだけど。

だから、骨が折れるほど、内臓が破裂するほどの打撃を加えない。

けど、手加減ができない精神障害者の蹴りは、相手の関節をへし折るし、考えただけでこわいが、もし、顔面を持って、膝蹴りをしていたら、取り返しのつかないことにもなる。

そんな危険な状態の僕だったが、当然、いまは、こんなして、どうでもいいような事書いてるくらいだから、病気はよくなった。

役人や、有識者はもう少し良く考えて欲しい。自分で自分を傷つけちゃうから拘束具がある場合もあるが、他人を傷つけちゃうから必要な場合だってある。

そんな精神障害者を雇用契約したとして、仕事ができるとはまったく思えない。

EuroNanoForum 2005 - Conference Outline

OUTLINE

Building on the success of EuroNanoForum2003, the Institute of Nanotechnology organized a five day international conference and forum, from Monday 5th September until Friday 9th September 2005 focusing on ‘Nanotechnology and the Health of the EU Citizen in 2020’ in Edinburgh, Scotland.

This major European conferencel focused on the healthcare applications of nanotechnology - an acknowledged area of strength in Europe. The event also brought together an international audience of speakers and delegates to discuss how nanotechnology and biotechnology, material sciences, pharmaceutical sciences, electronics and information technology can address the healthcare issues of the future.

A total of 87 speakers from 25 countries presented over 5 days, making EuroNanoForum2005 the focal event for the European nanotechnology community in 2005.


Topics Included
•Personalized medicine

•Tissue engineering
•Targeted drug delivery
•Lab-on-a-chip & novel analytical & diagnostic techniques
•Novel treatments for degenerative diseases, including cancer
•Remote monitoring
•Novel biomedical materials
•Social and ethical issues
•Medical devices
•High throughput screening
•Body-friendly implants
•Imaging
•The surgery room of the future
•Robotics in medicine
•Converging Technologies for Nanoparticle risk assessment

The conference also highlighted progress on major EU projects on nanotechnology and the lifesciences, and acted as a forum for debating ethical and toxicology issues, the effects of nanotechnology on world diseases, and its impact on reducing animal testing.

EuroNanoForum2005 - 会議概要

アウトライン

EuroNanoForum2003の成功を基に、ナノテクノロジーの研究所はナノテクノロジーとエジンバラ、スコットランドの2020年には、EU市民の健康 "を中心に金曜日2005年9月9日までは月曜日9月5日から5日間の国際会議やフォーラムを主催。

ヨーロッパの強さの認知領域 - この欧州の主要conferencelは、ナノテクノロジーの医療アプリケーションに焦点を当てた。イベントはまた、ナノテクノロジーやバイオテクノロジー、材料科学、薬学、エレクトロニクス、情報技術は、将来の医療の問題に対処する方法を議論するためにスピーカーおよびデリゲートの国際的な聴衆が集まった。

25カ国から87スピーカーの合計はEuroNanoForum20052005年のヨーロッパのナノテクノロジーのコミュニティのためのフォーカルイベント作り、5日間にわたって紹介した。




return top